• ホーム
  • 妊娠中の方がフィナステリドを使うと子供に問題が出る

妊娠中の方がフィナステリドを使うと子供に問題が出る

薬を飲む女性

フィナステリドはAGA治療に使用される成分で、薄毛の進行を抑制することから日本でも認可されています。
ただし、使用できるのは男性のみで、女性や小児には使用が禁止されています。
フィナステリドが作用するのは5α還元酵素に対してで、この酵素を阻害することで男性ホルモンのテストステロンからジヒドロテストステロン(DHT)に変性することを防ぎます。
こうすることで、薄毛の原因となるDHTが男性ホルモン受容体に結合してヘアサイクルが狂うのを防ぎ、薄毛が進行していくのを抑制しますが、女性には男性ホルモンの分泌量が少なくあまり効果がありません。
一時期は女性の薄毛治療としてフィナステリドを処方していたこともありますが、アメリカのFDAが女性の服用は副作用が出るばかりでなく、妊娠中では胎児に重大な影響が出ることを発表したことから、処方が取りやめられています。
DHTは薄毛が進行する原因物質であり、悪性のホルモンであることから、無くなってしまえばいいとさえ思う人も多いようですが、男性器の成長と形成を担う重要な物質でもあります。
そのため、妊娠中の女性のお腹の中に男児がいた場合は、フィナステリドを服用することでDHTの生成を阻害し、男児の生殖器に異常を起こす可能性があります。
また、フィナステリドは皮膚から吸収する性質があるため、妊娠中の女性は触れることさえ禁忌とされます。
フィナステリド製剤はコーティングされているので、本来ならば触っても吸収されることはありませんが、何かしらの理由でコーティングが剥がれていた場合は危険なため、万一の事態を回避するために、男性はフィナステリドを厳重に保管することが必要だと言われています。

関連記事
人気記事一覧