• ホーム
  • フィナステリドは男性だけに効果がある薬と言える

フィナステリドは男性だけに効果がある薬と言える

スマホを持っている女性

男性型脱毛症の治療に用いられるフィナステリド。
もともとアメリカで開発された薬に含まれている成分ですが、薄毛治療の切り札的な存在として、現在も多くの医療機関で使用されています。
ただこのフィナステリドは男性の治療に限って用いられる成分ですが、フィナステリドの副作用として、男性機能の低下や精子の減少などがみられることがあります。
その際は医師にご相談ください。
フィナステリドは女性や子どもに対しては使用することができません。
女性が使用した場合は効果が見られないうえに、重篤な副作用がでる可能性があることが報告されているからです。

フィナステリドが女性に及ぼす副作用の代表的な例は、胎児への悪影響です。
妊娠中の女性のおなかに宿る胎児が男児だった場合、フィナステリドの影響で生殖器に異常がでてしまう可能性があるのです。
ですから女性がフィナステリドを服用するのはもちろん、錠剤に触れることすら禁止されています。
錠剤に触れただけでも成分が皮膚から吸収される恐れがあるからです。
したがって日本の医療機関において、女性の薄毛治療にフィナステリドが使用されることはありません。

このように女性には使用することのできないフィナステリドですが、最近は医療機関以外でも手に入れることが可能になっています。
医薬品の個人輸入という手法を利用して、各種の薬を安く入手する人が増えているのです。
フィナステリドは医療機関で処方してもらった場合、健康保険が適用されないため費用はすべて自己負担になります。
薄毛治療にかかるお金が高額になるのを避けるため、このような個人輸入を利用する人が多いのです。

しかし女性には使えないだけでなく、薬であるからにはさまざまな副作用が存在します。
安易な自己判断だけで使用するのは避けたほうがいいのは言うまでもありません。
まずは医師の診断を受けてから利用するように心がけましょう。

関連記事
人気記事一覧